So-net無料ブログ作成

「フラテリパラディソ」シドニー発イタリアンダイニングが日本上陸、表参道ヒルズにオープン [情報 食べ物]

スポンサーリンク




「フラテリパラディソ」シドニー発イタリアンダイニングが日本上陸、表参道ヒルズにオープン



シドニー発のイタリアンダイニング「フラテリパラディソ(Fratelli Paradiso)」が日本上陸。2017年5月8日(月)、東京・表参道に日本国内1号店をオープンする。

「フラテリパラディソ」は、2001年にシドニー ポッツポイントでエンリコ&ジョバンニ・パラディソ兄弟とマルコ・アンブロジーノの3人がオープンしたイタリアンダイニング。シドニーの飲食事情や流行を熟知してる食通たちからも、「ここに行けば間違いない」と言われているレストランで、ゲストとスタッフが一体化するような魅力的なサービスが人気を呼んでいる。

提供するメニューのメインは、イタリア料理とナチュラルワイン。今回オープンする表参道店は、本店同様、素材を重視した自慢のイタリア料理とナチュラルワインの数々を提供する。

「フラテリパラディソ」の人気メニューである「カラマリ」は、セモリナ粉を使用したイカのフリット。軽やかな食感とさっぱりとしたバルサミコソースがポイントだ。3週間丁寧にドライエイジングさせたオージー産の肉を使用した「タリアータ&コントルノ」。燻製のような香りの肉は、付け合わせのサラダとの相性が抜群だ。



[わーい(嬉しい顔)][るんるん]









Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


スポンサーリンク



トラックバック(0) 

「肉フェス TOKYO 2017」お台場&静岡で開催、"肉フェス史上最大"多彩なメニュー [情報 食べ物]

スポンサーリンク




「肉フェス TOKYO 2017」お台場&静岡で開催、"肉フェス史上最大"多彩なメニュー



「肉フェス TOKYO 2017 WONDERLAND」が、2017年4月28日(金)から5月7日(日)まで東京・お台場肉フェス特設会場にて開催。また同期間、静岡県・駿府城公園でも同時開催となる。




"肉フェス史上最大"とも呼ばれる2017年は、初参画店舗や初登場メニューなど多彩な肉料理が目白押し。全国各地から人気店やブランド牛、さらに牛肉のほかには豚肉料理や鶏肉料理とバリエーション豊かに並ぶ。

注目は、10種類以上のチーズと肉料理、ワインを提供する「チーズチーズカフェ 渋谷」。炭水化物オフ、なんとバンズの代わりにとろ~りとろけるラクレットチーズソースを使用し、肉汁たっぷりの粗挽きのパティと合わせた。フランス産の上質なラクレットチーズは、トマト、オニオンのフレッシュな野菜とも相性が抜群。一度食べたらやみつきになりそうな逸品だ。

また、赤坂・東京ガーデンテラス紀尾井町のステーキハウスNoMad Grillからは、日本の和牛で5%ほどしか飼育されていない「短角牛」の厳選したサーロインと、上質な脂がのった「山形和牛」のカルビをジューシーに焼き上げた極上ステーキ、恵比寿うしみつ本店からはフワフワ卵と濃厚デミグラスソースの低温調理仕上げハンバーグが登場する。

静岡会場には「門崎熟成肉 格之進」はじめ、飲めるハンバーグで一躍肉フェスの看板となった「肉の匠 将泰庵」、厳選黒毛和牛を使用した大人のローストビーフの「天穂」、レアハラミが自慢の「焼肉 清左ヱ門 六本木店」、不動の人気の「渋谷ホルイチ」、牛サーロインカツレツの「京都 きむらてつ」など人気店の出店が決定している。




[わーい(嬉しい顔)][るんるん]









Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


スポンサーリンク



トラックバック(0) 

バターサンド専門店「プレスバターサンド」が東京駅構内に、ベイクの新業態 - 焼きたてクッキーを展開 [情報 食べ物]

スポンサーリンク




バターサンド専門店「プレスバターサンド」が東京駅構内に、ベイクの新業態 - 焼きたてクッキーを展開



ベイク(BAKE)の新業態であるバターサンド専門店「プレスバターサンド(PRESS BUTTER SAND)」が2017年4月27日(木)に東京駅丸の内南口構内にオープンする。



焼きたてチーズタルト専門店「ベイク チーズタルト」やシュークリーム専門店「クロッカンシューザクザク」など、様々な行列店を手掛けるべイクが次に注目したのは「バターサンド」。

「プレスバターサンド」では、北海道産のフレッシュバターをたっぷり使い、バターそのものの味わいを楽しめるよう研究開発したバターサンドクッキーを展開。なめらかなバタークリームとキャラメルをサクサク感が特徴のクッキーで挟むことでそれぞれの素材の良さを引き出すことに成功した。クッキーはこの商品のために開発したオリジナルのプレス機を使い、和菓子の製法にルーツを持つ“はさみ焼き”を採用している。

また店舗は、土産菓子の店舗には珍しい“工房一体型”となっており、クッキーをプレスする様子や、バタークリームをつめる様子を見ることも可能。焼きたての商品に加え、日持ちの長い箱入りの商品の2種類が用意される。

店舗デザインは、クッキーをはさみ焼きするプレス機にも表現される「鉄の地肌 そのもの」をコンセプトに、空間デザイナー・鈴木文貴が手掛けた。従来の土産店とは一味違った店構えや雰囲気を醸し出している。



[わーい(嬉しい顔)][るんるん]








Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


スポンサーリンク



トラックバック(0)